文字サイズ


校歌額
 校 歌   作詞 城川四郎 (初代校長)   作曲 続橋久美子
  1 中津の川の 水ぬるみ
   岸辺萌黄に 淡く染む
   木群れの瑞枝 伸び初めて
   希望の空に 競うごと
   若き 友どち 集い来て
   豊けき精神を はぐくまん
   あゝ われら愛川
   愛川高校

 2 仏果の尾根に 舂ける
   陽は赤々と 校舎染む
   こごしき嶺は 際やかに
   天地をわかち ゆるぎなし
   若き 友どち 集い来て
   不屈の精神を 培わん
   あゝ われら愛川
   愛川高校

 3 三増台地に 雄たけびし
   勇士どもが 夢のあと
   著き学び舎 誇らかに
   青春の夢ぞ 満ちわたる
   若き 友どち 集い来て
   自立の精神を築きなん
   あゝ われら愛川
   愛川高校
1 なかつのかわの みずぬるみ
  きしべもえぎに あわくそむ
  こむれのみずえ のびそめて
  きぼうのそらに きおうごと
  わかき ともどち つどいきて
  ゆたけきこころを はぐくまん
  あゝ われらあいかわ 
  あいかわこうこう

2 ぶっかのおねに うすずける
  ひはあかあかと こうしゃそむ
  こごしきみねは きわやかに
  てんちをわかち ゆるぎなし
  わかき ともどち つどいきて
  ふくつのこころを つちかわん
  あゝ われらあいかわ 
  あいかわこうこう

3 みませだいちに おたけびし
  もののふどもが ゆめのあと
  しるきまなびや ほこらかに
  せいしゅんのゆめぞ みちわたる
  わかき ともどち つどいきて
  じりつのこころを きずきなん
  あゝ われらあいかわ 
  あいかわこうこう